<知財戦略本部>

<文化審議会>
リーチサイトの定義、いまだ定まらず--著作権、法制問題小委第6回会合 - CNET Japan (文化庁 文化審議会 法制問題小委員会 2012年度第6回会合


<海賊版の市場への影響>

・「Winny」による被害実態 (2006年)ある日の6時間で推定 約100億円(出典:ACCS、JASRAC資料)

displacement_study.pdf
<欧州海賊党レダ議員>
KADOKAWA・川上社長と海賊党欧州議員のガチンコバトルからみえた、インターネットの未来 – 欧州議会で著作権改正なう


福井弁護士が引用する、ブロッキングにより合法サイトの利用が6-10%増えたという論文

<DNS>

  • 2018年4月18日、ジュネーブにおいてWTOの電子商取引に関する第2回有志国会合が開催され、その場で日本の代表は「特定のウェブサイトやインターネットサービスに対する政府の一方的かつ恣意的な干渉は、当該国の消費者とサービス提供者の両方に重大な損失と負担を課すこととなる」として政府の干渉の排除を提案している。データの自由な流通を世界に対して表明した以上、自国内においても整合性の取れた施策を行うことが責任ある政府として期待される。(寺田眞治 日経xTECH 2018/05/07)



<著作権>

<中立性>

<海外のブロッキング>


<DMCA>
YouTube側は,Content IDにより楽曲の99%以上が検出され,適切に処理されていると主張していますが,IFPIは,正しく楽曲を認識しない場合が20~40%はあると主張しており,両者の主張は対立しています。

<オープンアクセスとSci-Hub>